どのような仕事か|医療事務講座で合格を勝ち取ろう|未来を生きる人に
女性たち

医療事務講座で合格を勝ち取ろう|未来を生きる人に

どのような仕事か

男女

言語や聴覚に障害がある人

脳卒中の後遺症として、言葉がうまく話せなくなることがあります。発音が上手くできない、言葉の意味が分からなくなる、発声が上手くいかないなど症状はさまざまです。また、病気などにより声帯を失うことで声を上手く出すことができなくなる人もいます。心理的要因により吃音になったり、話すことができなくなる人もいます。また幼児などで言葉がおくれたり発達が遅れることもあります。このように言語や聴覚に障害があると、人と上手くコミュニケーションを取ることが困難になり日常生活において大変なストレスを抱えることになります。言語聴覚士とはこのような症状の原因を解明し、対処法を考えることで個人個人に合わせた訓練や指導を行う仕事です。

資格を取るためには

言語聴覚士の働き先は病院、リハビリテーションセンター、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、特別支援学校、小中学校など多岐にわたります。言語聴覚士は国家資格です。資格を取るためには文部科学大臣が指定する大学や専門学校を卒業することが必要です。すでに4年制の大学を卒業している場合は、同じように文部科学大臣が指定する大学院や専門学校を卒業する必要があります。卒業して初めて言語聴覚士の受験資格を得ることができます。言語聴覚士は、難しい問題に対してコツコツと取り組むことができる人、人の気持ちにたって考えることができる人、他の職業の人との連携も大切になるためコミュニケーションがしっかり取れる人などが向いているといえます。