介護をして働くための資格|医療事務講座で合格を勝ち取ろう|未来を生きる人に
女性たち

医療事務講座で合格を勝ち取ろう|未来を生きる人に

介護をして働くための資格

メンズ

日々人の役に立てること

介護福祉士とは、主に体や精神機能が低下している患者に対し日常生活をサポートするのが仕事です。食事の世話から入浴や外出、身の回りの整理整頓などが主な仕事となりますがそれ以外にも家族への介護指導なども含まれてます。患者や家族は、介護福祉士が居るからこそ快適な生活を送ることが出来るようになります。介護福祉士の仕事は、毎日患者やその家族と関わりながら誰かの役に立てるという非常にやりがいが大きい仕事である為人気となっています。人と関わるのが好きな人や、何かの形で常に人の役に立てるようなことがしたいという人に向いているでしょう。体力が求められる仕事でもある為、体力がある人も向いている仕事であると言えます。

養成学校で学ぶこと

介護福祉士になるには、実務経験を三年以上積むことで資格が得られ働くことが出来ますが一般的には養成学校で専門的な知識とスキルを学びます。短期大学や四年制大学、専門学校があり短期大学や専門学校は多くが二年制になります。そのため、すぐにでも介護福祉士として働きたいという場合には短期大学や専門学校を選ぶようにすると良いでしょう。四年制の大学では、介護福祉に関することを専門的に学ぶことも出来ますがそれ以外の知識も身につけることが出来るので色々な勉強をしたいという人に向いています。また、多くの実習を積みながらゆっくりと時間に余裕を持って勉強できる環境もある為学業とプライベートを充実させたい時も大学を選んで学ぶと良いでしょう。